授乳後のしぼんだバストは豊胸で悩み解決

授乳後自然に気づかれない豊胸をする方法

授乳後自然に気づかれない豊胸をする方法 | 授乳後の豊胸は信頼できる医師のもとで

女性が妊娠するとともにバストが大きくなって嬉しく感じてしまうものですが、出産をして授乳が終わればもとの大きさのバストに戻ってしまうものであり、さらに授乳によってバストがしぼんだように見えてしまうこともあります。
子供が生まれても女性は女性らしさを維持したいものであり、授乳後のバストの悩みを抱え続けているのなら豊胸施術に挑戦してみるといいでしょう。
豊胸施術では、シリコンバッグを挿入するというのが一気に大きなバストを手に入れることができるベストな方法です。
しかし、二人目の子供を考えているのならまた授乳することにもなるので、シリコンバッグがバストに入ったままになることに不安を感じている女性もいるでしょう。
シリコンバッグが入っていることは、母乳をあげることに直接的な関係はないのですが、もしもシリコンバッグが破裂してしまった時のことを考えると躊躇してしまいがちです。
豊胸の方法には、他にも手軽にできるものもあります。
ヒアルロン酸の注入であれば、注射でバストにヒアルロン酸を入れるだけなので手軽であり、プチ整形とも呼ばれているほどです。
傷跡と言っても注射針の穴程度なので目立つこともなく、縫うことがないので後から抜糸に通うこともありません。
ヒアルロン酸は、顔のシワ治療としても多くの人に利用されている実績があり、人の体の中にはもともとある成分でもあるのでアレルギー反応の心配のない成分です。
必要な量だけバストに入れることができますが、シリコンバッグを入れた時のような極端に大きなバストにすることはできません。
しかし、授乳後にしぼんだバストに自然な大きさを得ることができます。
旦那さんや子供さんにも気づかれないほどの自然な手触りがあり、希望のバストの形にしてもらうこともできます。

授乳後のしぼんだバストを豊胸手術で蘇らせる方法

無事に出産を終えて、あふれるほど母乳の出るとても良いおっぱいだと助産師さんからも褒められるくらいでした。
胸がパンパンに張って痛いくらいの状態で、生まれたばかりのわが子の小さな口がくわえてくれると、
口からあふれ出すくらいたっぷりと母乳が出て、子供は母乳だけでどんどん元気に成長しました。
子供が健康に成長するのは大きな喜びなのですが、授乳後の自分の胸を見ると絶望的な気持ちにさせられてしまうのも事実です。
授乳中はちょっと小さめのバレーボールくらいあろうかというほどバストが大きくなって肩が凝って辛く感じるほどだったのですが、
授乳後には急激にしぼんだ状態になり、みるみるバストは垂れてゆきました。

いわゆる風船をパンパンになるまで大きく膨らませた後の状態がまさに自分の胸の状態ということになり、
授乳中はハリのあったバストも皮膚が緩んで触れた感じもゆるゆるで悲しいことに乳輪までしわしわな状態になってしまいました。
授乳前にはバストの表面に青筋が目立ってまるで乳牛のお乳のようになり、授乳が終わればしぼむということをひたすら繰り返し、
母乳の量も余りあるほどだった優秀なおっぱいも、今では見る影もなくしぼんだ状態です。
ブラジャーから零れ落ちそうなたわわな胸がしわしわの悲しい胸になる運命だったなんて、
知識としては知っていてもいざ自分の胸で体験すると想像以上のショックの大きさです。
もう妊娠前のハリのあるバストは二度と自分には戻ってこないのだなと、
ちょっとセンチメンタルな気分になりながら子育てに忙しい日々を送っていました。

胸を豊かにするための方法の一つに美容外科などで受ける豊胸手術があることはもちろん知っていました。
でも、健康な体にメスを入れることと、体にシリコンなどの異物を入れるという行為にとても違和感を感じていたし、
シリコンを挿入して豊胸術を行った人の様々なトラブルなどがネット上にも氾濫しているのはやはりとても気になるものでした。
体が病気でそれを治すためなら仕方がないとしても授乳後のしぼんだ胸を修正するために豊胸術を受けることに、
なんとなく罪悪感を感じる自分自身もいて、子供を産んで育てたのだから胸がしぼむのは当然の事、
むしろ勲章なんだと無理やり自分に言い聞かせるようにして日々を過ごしていました。

でも、ある日パソコンを見ていたらたまたま授乳後のバストのための新しい治療法という記事を見つけ、
これってまさに自分の事なのではないかと思わず食い入るように読みふけってしまいました。
そのクリニックの豊胸術は、これまで自分が知っていた方法とは全く異なり、しぼんだバストにシリコンなどの異物を入れて大きくするのではなく、
自分自身の脂肪を注入するというやり方のようでした。
注入するものが自分自身の組織の一部ということが、なんだかひどく安心感を感じられ妙に納得したのを覚えています。

でも、当然ながら手術に際してはかなり高額の費用が掛かるようで、
とても夫には豊胸手術を受けたいなんて言い出す勇気も持てないまま日にちだけが過ぎていきました。
手術に使うお金があればもっと子供にいろいろなことをしてやれると自分を
むりやり納得させることで豊胸手術への関心をそらそうとしていたのですが、
しぼんで見るも哀れな状態になった自分のバストを目にするたびに手術への思いがよみがえり、
精神面のことを考えてもこのままではいけないのではないか・・・と思えるようになってきました。
多分夫に相談してみても、今更誰に見せるのかと反対されるに違いないと思っているのですが、
このまま悶々とした気持ちでいるよりも、まずは夫に自分の気持ちを話してみることから始めてみようと思っています。

授乳後 豊胸 | 豊胸手術の失敗カルテ